shr-sm57_2

ライブで思ったより高音域の抜けが悪い。

もっとロックっぽい声を出したい!

そんな方にはSHURE-SM57がオススメです!

多分皆さんがボーカルで使用しているマイクはライブでもスタジオでも58マイク(通称ごっぱーマイク)だと思います。

こちらがSHUREのSM58です。

58

いつも見ているアイツですね。

まずはSM57をオススメする前に

SM57とSM58の違いをお伝えします。

 

まずSM58はボーカル用マイクとして開発されました。

その証拠に丸の部分には結構厚くウィンドシールド(ブレス音などのノイズを消す道具、)が入っています。

 

SM57は楽器用で開発されたため、ウィンドシールドはありません。

 

ボーカル用に開発されたならSM58の方が絶対ボーカル向きだろうと思う方もいると思いますが。

そんな事はありません。

声質によってはSM57が良い方もいます。

 

その音質とは、ロックをやっているハスキーボイスの方です。

 

ハスキーボイスとは、普通の声に倍音成分が多い方で、しゃがれた声の方ですね。

どうしてロックでハスキーボイスにSM57が合うかというと、先ほど言ったように、ウィンドシールドがないので、音のレスポンスが良く音の通りも良いです。

なので音量が出ない方にもオススメですね♪

 

そしてマイクは音源から近距離で集音すると、低音域が上がるという性質を持っています。

そのために、あらかじめ低音域を抑える「ロールオフ」という調整をしています。

 

SM58は100Hz以下でSM57は200Hz以下の音を抑えています。

そのためSM57は高音域がぐっと上がりよりハスキーに聞こえてきます。

 

ハスキーぽい声を出したい方にもオススメです。

 

しかしウィンドシールドが無い分声にノイズ音が出やすいので、MS58より遠くで歌うか、若干場所をずらして歌うなどの工夫が必要です。

 

そしてなにより私がSM57をオススメするポイントは楽器に使用出来ると言う事です。

ギターはもちろんドラム、ピアノやベースにも最適です!

ライブハウスやスタジオには大体置いてあるので、借りて試して下さい♪

 

もしマイク購入を考えているなら、いきなり高いコンデンサーマイクを買うより絶対にオールマイティーなSM57をオススメします。

 

57ボーカルといえば向井秀徳さんですよね♪