choking1

本日はギターのテクニックの基本、チョーキングについてです。

押さえた弦を引っぱり音程を上げるテクニックです。

初心者のうちはなかなか上手く決められないテクニックです。

そこそこギター弾ける人でも正確に音程を出せてる人は少ないようです。

今日はそんなチョーキングのコツを書きたいと思います。



 

チョーキングの種類は半音や1音、2音チョーキングなどいろいろありますが今日はまず基本的な事から。

いろいろな教則本にドアノブを回すようにって書いてあると思います。

ほんとにそのとおりなんでやってみましょう。

 

写真のように弦を押し上げるチョーキング。

choking2

こちらは弦を引き下げるチョーキング。

choking3

ちょっとわかりにいかもですが。

 

私の場合基本的には押し上げるのは薬指、引き下げるのは人差し指です。

注意したいポイントは押し上げてる写真で薬指以外の指に注目してほしいのですが中指、人差し指は余計な弦が鳴らないようにミュート。

最初のうちは薬指の補助に中指を使ってもいいです。

引き下げる時はブリッジ側でミュートしてたり人差し指の腹でミュートします。

 

このミュートが大事でせっかく音程が合っててもよけな音(ノイズ)が鳴っててはダメなのでチョーキング時となりの弦に触れて余計な音が鳴らないよう注意して練習してみてください。

 

音程によって力加減が違いますがこれは体で覚えるしかないです。

「1音チョーキングはこのくらいの力で」とか体で覚えてしまいましょう。

最初のうちはチューナーを使ってもいいです。正確に音程を確認しながらやるといいと思います。

 

ポイントはしっかりとした音程とミュート。

特にミュートは忘れがちなのでしっかり意識して練習してください。




この曲はいろいろなスタイルのチョーキングが聞けますので参考にしてください。