picing

ギターを弾く上で基本的な事でもあるピッキング。

テクニック面でも音色面でもとても大事です。

ギターを始めたばかりの人はどうしても左手の指の動きに注目しがちですがピッキングも大事なテクニックですので是非マスターしてください。



まず今回は基本となるコードストロークから。

大事なことは「力を抜く」ということです。

肘からピックを持つ指先以外力が抜けている状態が理想です。

ピックも落とさない程度の力加減で十分です。

特に初心者は手首に力が入っている事が多いようです。手首に力が入ってるとぎこちない動きになりリズムも狂ってきます。右手のスナップを利用して弾くという感じでしょうか。

実はこの基本的な事がとても奥が深い技術で右手の強弱でいろいろ表現できますし音色も変わってきます。

この「力を抜く」ということがコードストロークにも単音弾きにも役に立ってきます。

 

では、アップダウンとストロークしてみましょう。肘、手首に力が入りすぎないよう意識してやってみましょう。

ピックを弦に当てる角度はなるべく弦と平行が理想。もしくは少し斜めにと言った具合です。

dpicing

あまり極端な斜めだとピックと弦の摩擦でノイズが出たりしてよくないかもです。(ただしあえて斜めにする奏法もありますが基本は平行もしくは少し斜めと言ったとこでしょうか)

コードストロークも単音弾きも基本的にはほとんど一緒です。まずはこのストロークがうまくできるようになる事が上達の第一歩です。