KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ギターを始めたばかりの初心者にとって大きな壁となるのが「F」コードではないでしょうか。

この「F」が押さえられないばかりにギターをやめてしまう方も多いです。

今回はこの「F」を克服するためのコツみたいなのをご紹介しようと思います。



まず「F」のコード。図のポジション。

f

まず、ネックの裏親指の位置に注目。

form

ネックに対して垂直気味になってること。最初はどうしても親指が横に向いたりしてきっちり押さえられるフォームになっていないことが多いです。

次に弦を押さえるフォーム。

form2

写真の感じです。

人差し指が少し傾いてるのがわかるでしょうか。指の真ん中より少し親指寄りの部分で弦を押さえます。

この時点でしっかり押さえられてれば指1本ですべての弦がきれいに鳴ります。

最後に残りの指でフォームを作ります。

最初はどうしても力が入りすぎることが多いのでちょっと力を抜くといいかもしれません。

そして、弦を1本1本鳴らしてみてください。

どうでしょう?きれいに鳴りました?最初はなかなか音にならないと思いますがしばらくやってるうちにコツがつかめると思います。

 

どうしても最初はこの「F」コードばかり練習して結局挫折する人もいます。

コードの練習も大事ですが自分の好きな曲を練習する事もとても大事です。

うまくコードがならなくてもいいので好きな曲を練習しましょう。その方が楽しいですしコードの押さえ方やコードチェンジも自然と覚えられます。

是非がんばって続けてみてください。