picingimeg

以前ピッキングについてエントリーしましたが今回は単音弾きのピッキング練習法を書こうかと思います。



大事な事はコードストロークの時にも言いましたが「力を抜く」という事。

この力の抜き加減がうまくできていないと単音弾きは難しいです。

初心者は早いフレーズになってくるとどうしても手首に力が入ってしまいます。そうなるとうまくテンポが掴めなくなったり音の粒もそろわなくて汚い音になってしまいます。さらには腱鞘炎などの原因にもなります。

 

では、まず図のフレーズをゆっくりでいいので弾いてみてください。

picingf

ここでもピックを弦に当てる角度はなるべく弦と平行が理想。もしくは少し斜めにと言った具合です。ようするにコードストロークと同じです。ここではあくまでピッキングの練習ですのでフレーズにとらわれすぎないようにピッキングの方に集中してください。

ピッキングを1音づつアップ、ダウンと弾いてみてください。これをオルタネイトピッキングといいピッキングの基本となりますので是非マスターしてください。

図のフレーズをだんだんテンポを上げていくと音の粒のそろったフレーズが弾けるようになります。

できるだけメトロノームなどを使ってしっかりリズムキープできるようにしてください。

 

基本的な事は以前書いたコードストロークの時とほとんど同じです。これが基本となり早弾きや様々なピッキングに応用されていく訳です。

コードストローク同様手首の力を抜くという事が重要です。例えば早弾きの場合はさらに力を抜いてあげないといけません。早弾きが上手くできないという方のほとんどが手首に力が入りすぎてます。こまかいところはまた機会を見てエントリーしますが。

まずは力加減とピックの角度を意識して練習する事が重要です。