wow1

現在各社から様々なワウペダルが発売されています。

そんな中でも定番で人気を二分しているのがJim Dunlop CRYBABYVOX V847のワウペダルではないでしょうか。

今回はこの2機種に焦点を当ててみたいと思います。



どちらの機種も歴史は古く60年代にはエリッククラプトンやジミヘンドリックスなんかが使い始めてました。

 

ワウペダルの使い方は

・ジミヘンドリックスのようにファズやディストーションと合わせて大胆な使い方

・マイケルシェンカーや初期のB’zの松本孝弘のように半止めして中音域をブーストする使い方。

・ファンク系のカッティングでクリーンな音でチャカポコと使う。

・エリッククラプトンのようにフレーズに合わせコントロールする使い方。

その他にも色々使い方がありますがエリッククラプトンのようにワウペダルを抑揚をつけてコントロールするギターソロはかっこいいと思います。

 

それではまず音ですが、

Jim Dunlop CRYBABYはわりと高音から低音までバランスよく出ていて若干高音よりです。掛かり方もけっこうエグイです。

crybaby

 

VOX V847は中音域に特徴があり耳障りな高音がなく掛かり方もマイルドですね。

voxv847

 

どちらもそんなに大きな違いはありません。

次に操作性

ここが一番違います。

Jim Dunlop CRYBABYは踏みしろが大きくVOX V847は狭いです。

ほんの小さい違いなのですが演奏性は全然違います。音の違いもこの踏みしろの違いからきてるところもあるようです。

ギターソロなどフレーズに感情をこめて演奏する場合Jim Dunlop CRYBABYのほうがいいと思います。

カッティングなどはVOX V847が有利かと思います。

 

 

では、どっち買いは?

 

VOX V847!!

 

これでしょう!

 

間違いなく使いやすいと思います。

音的にもマイルドで踏みしろが狭いとこが逆に非常にコントロールしやすいです。

初心者にはV845っていう価格も安いタイプも出てますのでそちらもおすすめです。

個人的には大好きなジミヘンドリックス、スティーヴィーレイボーンが使ってるというのも大きいですが。

 

ワウペダルは使いこなすのに練習しなくてはなりません。初心者は早いうちから導入しておくのもいいと思います。