path10

パス10の魅力はまず安さですね。

4000円前後で中学生のおこづかいでも頑張れば買える値段です。

それゆえに入門用アンプとして
結構おすすめされていますけど、
初心者にとっては
使いづらいだろうって部分もあります。

 

 

パスファインダー10を入門用アンプとしておすすめしない理由

パスファインダー10は、クリーンは煌びやかで艶のある音がします。
このクリーンが4000円程度で気軽に手に入るってのは良いと思います。

ただしここが曲者。

エレキギターを手にする初心者で
「クリーンサウンドに憧れてエレキ始めたんです!」みたいな人って
圧倒的に少ないと思うんですよね(笑)

そこでパスファインダー10を歪ませて使おうとする。

結構な割合で自分の望んでいた音と違う!ってなると思います。

パス10の歪みチャンネルってこもってヌケが悪いんですよ。

まぁオーバードライブチャンネルなんでまったくもって間違ってないんですが、
初心者が求めてる歪み、いわゆるエレキギターの歪みってディストーションが一般的な認識ですからね。

ここでまず乖離が生じるわけです。

そして10Wって意外に音量も音圧もありますからね。
初心者が遠慮なく使えば間違いなく近所迷惑レベルの騒音になります。

歪ませたら尚更です。

 

以上、僕がパス10をおすすめしない理由をまとめるとこんな感じです。

1.音が要求と違っている可能性が高い
2.音量や音圧から近所迷惑になる可能性が高い

 

 

マイクロキューブをオススメする理由

mircocube

 

そこで僕がおすすめしたいのがマイクロキューブ。
おすすめする理由はパスファインダー10の問題点をすべてクリアできるからです。

まず問題点1の「音が要求と違っている可能性が高い」について、
マイクロキューブはモデリングアンプなので、いろんなアンプの音が入っています。
クリーンだろうが、オーバードライブだろうが、ディストーションだろうがすべて対応できます。

ほとんどの音がカバーできるので必ず自分の求めている音が見つかります。

それにコーラス、リバーブ、フランジャー、ディレイなど主要なエフェクト機能はすべて入っています。

一つ一つ十分使えるエフェクトですし、
初心者の方が各エフェクト効果を覚える意味でもおすすめできます。

 

また二つ目の問題点の「音量や音圧から近所迷惑になる可能性が高い」については、
出力2Wで音量・音圧ともにまさに最適です。
日本の住宅事情を考えると自宅練習用のアンプはこれぐらいしかないんじゃないかってぐらい最適です。

 

以上が主にパス10以上におすすめする理由です。
更に細かいことをいうと、電池で駆動するのでストリートライブにも使えますし、マイク入力もあるのでボーカルアンプとしても使えますし、AUXINもあるのでiPodとかを繋いで好きな曲を演奏することもできます。

まさに至れり尽せりのオールラウンダーアンプです。

パス10より少し価格は高いですが、
将来的に考えてこっちを買ったほうがマジでお得です。

アマゾンのマーケットプレイスなら相場より安く買えます。

Roland MICRO CUBE M-CUBE Roland MICRO CUBE M-CUBE


ローランド
売り上げランキング : 2983

Amazonで詳しく見る by AZlink