DynaComp

今日はコンプレッサーの名器と言われる

MXR Dyna Comp(ダイナコンプ)を紹介します。



 

そもそもコンプレッサーとは大きな音量を圧縮して音量差をなくし

音の粒を揃えてサスティーンをえる事の出来るエフェクターです。

 

このエフェクターが発売されたのは70年代でかなり古い歴史のある

エフェクターです。

このダイナコンプの特徴は非常にマイルドで音を太くしてくれるという

効果があります。ピッキングのアタックも独特で気持ちいいです。

クリーンサウンドでのパーカッシブなカッティングやアルペジオ。

ジャズ、フュージョン系のソロにも向いていると思います。

一度使いだすとなかなか外せないエフェクターです。

 

ただ、独特のアタック音のせいか使うとダイナコンプ使ってるって

わかるほど特徴的です。

さらにノイズが多かったり音痩せしたりと悪い面もあります。

その独特なアタック感が嫌いな人はMXRカスタムコンプやBOSSのコンプレッサー

のほうがクセがなくていいと思いますよ。

comp

 

コンプレッサーは初心者には効果が非常にわかりづらいかも知れません。

それに音の粒を揃えてくれるので上手くなったような気がします。

初心者は練習時はあまり使わない方が良いかもですね。

 

今ではビンテージ物も出ていますが私的には現行モデルで

何ら問題ないと思います。

ビンテージに高いお金を払うだけの物ではないと思います。

 

コンプレッサーは地味なエフェクターですがこのダイナコンプも

派手ではないですが非常に特徴あるエフェクターです。

是非試してみてください。

動画の鈴木茂氏もダイナコンプ使ってたと思います。

それよりこのギタープレイはすばらしい!