george

先日、ジョンレノンの記事をエントリーしましたが今回はジョンと同じ

ビートルズのギタリスト ジョージハリスンを紹介します。

私が思うにビートルズの中でNo.1のイケメンです。



 

ビートルズ時代はジョンレノン、ポールマッカートニーの陰に隠れ

地味な存在でした。

しかしながらロックにインドの民族楽器「シタール」を持ち込んだり12弦ギターを使って不思議な響きを演出したりとその後に残した功績は大きいかと思います。

 

ギタリストとしてはテクニック的にはたいした事はなくビートルズ時代は

ポールマッカートニーの方が上手かったようです。

しかし、ジョージハリスンの魅力はスライドギター。

スライドギターはブルースのラインで演奏されることがほとんどなんですが

ジョージはメロディアスというかポップなんです。

ブルース臭さがありません。

非常に聞きやすく耳に残る素晴らしいプレイをします。

スライドギターに関しては私はジョージのプレイスタイルは大好きです。

 



あと、なんと言っても「While My Guitar Gently Weeps」

ホワイトアルバムに収録されている楽曲は素晴らしい!

ギタリストがギタリストのために書いたような素晴らしいコード進行の曲です。

この曲のギターソロの部分曲にあわせて弾いてみると非常に気持ちよく弾けます。

ギタリストが気持ちよく弾けるコード進行だと思います。

この曲のリードギターはエリッククラプトンが弾いています。

クラプトンもさぞ気持ちよく演奏できたのではないでしょうか。

動画はジョージハリスン追悼コンサートの時の映像です。

クラプトンが気持ち良さそうに弾いています。

 



 

ジョージハリスン

ギター初心者にも是非聞いていただきたい。

どの曲もポップで聞きやすいですよ。