m8m

今や7弦ギターは当たり前となってしまいましたが、
最近だと8弦ギターとかあるんですね(゚д゚lll)

 

調べてみると2012年4月ぐらいに既に話題になっているよう。
もうネタとしてはめちゃくちゃ古いですね…。

今更感もありますが、そこは目をつむってください(笑)

音としては、
6弦ギターに比べて最高音弦(B)と最低音弦(A)が一本づつ追加されているようですね。

多弦ギターって更に低音が欲しい(=メタル系)人が使うイメージだったので、
低音弦が2本追加になっていると思ったら違うんですね。

更なるドンシャリ感を求めてですかね。

音は確かに低音と高音の差が更に広がってか、曲に緊張感がありますね。

 

ただ、こういう多弦ギターってあんまりやりすぎると
もう何がなんやらわからなくなってくるというか、
「そもそもそれはギターなのか?」ってレベルの話になってくると思うんです。

最近ロボットギターとかオートチューニングギターとかモデリングギターとか
はたまた新素材で作ったギターとか、色んな機能が搭載されたギターが出ていますが、
正直あんまり流行っていないですよね。

それってギタリストの無意識の心の中に、
「ギターは木をもとに作られていて、
6弦の弦が貼られていて、アンプやエフェクターを通して音が変わる」
っていう認識があるからだと思うんですよね。

確かに色んな可能性に挑戦するのは良いことだとは思いますが、
やっぱり最終的には上記の無意識の認識に行き着くわけであって、
なら最初からそこで勝負したほうがいいんじゃないの?ってのが僕の意見です。

 

ちなみにメシュガーのシグネイチャーM8Mは完全受注生産のため
お値段はとんでもないことになっています。

⇒メシュガー・シグネイチャー8弦Ibanez ( アイバニーズ ) M8M の値段は?