B.B.Kingって今まで聴いた事もあったし
CDも持ってるけど何か好きになれませんでした。
全然ブルースの事わかってないから言えるんだけど
フレーズが一辺倒というか聴いてて飽きると言うか…(ほんとすみません)



もちろん音であれだけ感情出せるのは
凄いとは思ってましたがいまいちピンと来ていませんでした。

しかし、この動画観て一気に変わりました。
B.B.Kingって凄い楽しそうに歌いますね。
歌ってる姿見てるとワクワクウズウズしちゃって
自然と身体が動きます!
自然と笑顔になるし凄い引きこまれます。

まわりで演奏してるクラプトンやベックと言った
超有名ギタリストも凄い楽しそう。

最後の「Let the Good Times Roll」では
出演者観客層立ちで歌ってて
ギタリストとして想像しただけでも最高です!
(まぁ僕はヘタクソですがw)

この動画で特に好きなのが
一曲目「Sweet Little Angel 」が終わる
6:45あたりからのB.B.Kingの「プリーズ」という
問いへの各ギタリストのフレーズでの応答。

クラプトンに「ちょっとねちっこいな」と
言った後、ベックにフレーズ振ったら
アーミングを駆使した更にねちっこいフレーズを
演奏して皆ねちっこく終わるって光景にちょっと笑えます。