centaur

今日は私の持っているエフェクターの中で一番高額な

エフェクター「ケンタウルス」をレビューしようと思います。



 

現在は生産が中止され中古市場でもかなりの高値で取引されています。

このケンタウルスは「KING OF OVERDRIVE」なんて言われてますが

私的には「?」です。

最高の歪みと思って買うと後悔します。

ケンタウルスは単体の歪みに関しては悪くはないですが6~7万の価値はないように感じます。

非常に優秀なブースターってとこだと思います。

それも良質なチューブアンプと組み合わせる事によって真価を発揮します。

 

最近のナチュラル系のブティックペダルに比べてコンプレッションは強いです。

ケンタウルスはよく「つないだだけで音が良くなる、太くなる」と言われるのですが、それは内蔵されたバッファが割りと大胆にHIGHを削ってしまうので相対的にLOW寄りに太く感じらるのでコンプの掛かったまとまりのある音に聞こえるようです。

ケンタを気に入るかはこの部分でしょう。

「つないだだけで音が良くなる」と感じるかはあくまで使う人次第ですが私はこの音質変化を気に入って使ってました。

音的にも太くまとまりのある使いやすいサウンドで自分の使っているフェンダーアンプとの相性が抜群でした。

現在価格が高騰してその価値があるかは疑問ですが・・・。

 

ケンタウルスは初心者にはお勧めしませんが良質なチューブアンプを持っている人なら一度試してみても良いと思いますよ。

 



この頃のCharはケンタウルスとマッチレスの組み合わせで良い音出してます。

すこし荒々しいかな?