cs550

今日はChar監修のアナログコーラス

MAXON STEREO CHORUS CS-550を紹介します。



 

このコーラス独特の揺れが気持ちいいです。

個人的にBOSSのコーラスは回転、MAXONのコーラスは揺れってイメージです。

けっこうエグめに掛かりますがセッティング次第でうすく掛けることもできます。

アルペジオやソロなどにもいいですがカッティングに掛けると非常に太くかっこいいサウンドになります。

 

 

操作性ですが「M-LEVEL」というツマミがありこれが少しばかり曲者です。

原音とエフェクト音のミックスバランスを調整するためのツマミです。

かなり小さく、出っ張りも少ないので、操作しにくいです。

しかし右に回しきっておくと1:1のバランスだそうなので

深く考えなくても良いでしょう。

 

その他のツマミは「D-TIME」「DEPTH」「SPEED」です。

実際音を出しながら操作すると迷う事はないと思います。

まずはすべてのツマミをセンターにして調整していくのが良いと思います。

それだけでも良い音します。

 

char

私はCharが使ってるという事でほとんど試奏もせずに買ってしまいました。

しかし使ってみると太く良い音で大正解でした。

ただ音痩せはけっこうありますね。

現在はトゥルーバイパスになってますからその辺は改善されてるようです。

 

価格は若干高いですがノイズも少ないし良いコーラスだと思います。

下手なビンテージのアナログコーラス買うくらいならこのCS-550の方が

良いと思います。

買って損はないと思いすよ。


動画でCharはバッキングでこのコーラス掛けっぱなしですね。かっこいい!