carboncopy

本日はアナログディレイMXR M-169 carbon copy analog delayを紹介したいと思います。

ディレイの中でもデジタル、アナログ、テープ式等いろいろとありますが、

今回のCarbon Copyはアナログディレイです。

先日MXRマイクロアンプを紹介したばかりなのに、またMXRで申し訳ないのですが現行のアナログディレイの中ではNo.1なので。



 

アナログディレイの特徴は反響音がこもって聞こえます。

デジタルの場合この反響音が原音どうりはっきりと聞こえてきます。

その結果アナログディレイは音が太いと言われるのではないでしょうか。

 

このMXR  Carbon Copyですが、アナログらしく非常に太く良い音がします。

減退音がだんだんコモッた感じがたまりません。

ロカビリーのスラップエコーみたいな使い方は非常にマッチしますね。

また、アナログディレイにしては非常にノイズが少ないです。

Carbon CopyにはMODスイッチが付いてます。

これは、onにするとモジョレーションが掛かるというユニークなスイッチです。

コーラスとディレイを同時に掛けたような感じです。

ただ、このモジョレーションはけっこうクセがあるので使い難いと思います。

 

使い方としては極端な設定でギターソロで効果的に使うのも良いですし

軽くかけてずっと掛けっ放でリバーブ的に使うというのもアリですね。

実際バンドで演奏する時はリバーブを使うよりディレイを使ってエコー感を

出した方が音のヌケは良いです。リバーブだと引っ込んでしまうので。

 

ただ、アナログディレイですので細かいディレイタイムの設定はあまりお勧めしません。

そうゆう使い方なら素直にデジタルディレイを使いましょう。

 

上級者はもちろんアナログディレイ初心者にも

このMXR  Carbon Copyはおすすめしたいですね。

価格も手頃ですので是非チェックしてみてください。