stomplab ms-50g

ZOOMのMS-50Gに続きVOXからも
超コンパクトマルチエフェクターが登場。

マルチエフェクターがここまでコンパクトになるって、 技術の進展を感じますねー
でも、個人的にこういう系のマルチって…

 

こちらが今回新発売のVOX「StompLab」 (ペダルの付いた2Gもあります。)

 

VOX ヴォックス ギター用・コンパクト・マルチ・エフェクター StompLab SL1G
VOX ヴォックス ギター用・コンパクト・マルチ・エフェクター StompLab SL1G

 

こういう系のマルチに対して自分が持っている印象は、
「決してメインにはなれない」ということ。

 

一応紹介動画を貼っておきます。
動画中ではそこそこいい音を出していますが、
プロが最高の環境で撮ったからこそ、この音であって
実際自分が弾いてみるとなんかちがうなーって印象を持つと思います。

何故ここまで言えるのかというと何を隠そう私は、
Tonelab SE、Tonelab LE、Tonelab ST、Tonelab EXと
VOXのマルチをこれでもかと言うぐらい買ったからです…(笑)

(そんだけ買ってやっと気付いたのかよってツッコミはなしでお願いします!)

 

使い込めばもちろんいい音を出す事は可能なのですが、
パラメータの設定が細かすぎて殆どの人は挫折しちゃうかもです。
僕がその挫折者ですw

どんな音でも作れる可能性はあるのですが、
その音に到達するまでには多大な労力がかかります。

 

MG-50の時も書きましたが、
こういうマルチは割り切って使用する事が大切です。

メインのペダルとして使うのではなく、
ちょいとしたセッションとか遊び用に
手軽に持ち出せることに重きをおけば
これほど便利なものはありません。

こっちのペダルは5000円を切る安さなのですが、
正直僕が買うとしたらMS-50Gの方ですね。

なぜかというと液晶があるからです。

TonelabSE、LEは液晶があったからいいのですが、
ST,EXになって液晶がなくなり非常に使いづらい。

セッティングとパネルに表示される番号を
いちいち自分の中でひもづけて覚えておくのが非常にめんどうです。

また液晶がないと現在のセッティングパラメータがまったくわかりません。
一応確認する方法はあるのですが、つまみをいちいちまわさなければならず
ひじょーにひじょーに手間がかかります。

前述したように、こういうコンパクトなマルチに求めるのは
音ではなく手軽さです。

持ち運びのし易さ=本体サイズ
使い易さ=液晶パネルの有無
を考慮すると、やっぱり買うならZOOM MS-50Gですね。

 

念のためもう一度言っておきますが、
あくまでちょいとしたセッションや遊び用に限定した話ですのでw
音を求めるとなるとまた話がかわりますのでご注意を。

 

自分でこうやって比較記事を書き終えた所、
非常にMS-50Gが欲しくなってしまいましたw
いちいち重くてデカいボードを持って外にでかけるのがめんどうで、
ギターをサボってた部分もありましたので、
これを機にMS-50Gを買って知り合いを遊びセッションに誘って
ギターを弾く機会を増やすのもありかもしれませんw

 

ズーム MULTI STOMP MS-50G
ズーム MULTI STOMP MS-50G
posted with amazlet at 12.11.07
ZOOM (2012-09-05)
売り上げランキング: 3751